ブック・オブ・ライフ〜マノロの数奇な冒険〜

ブック・オブ・ライフ

感想・レビュー

2014/アメリカ 上映時間96分
監督:ホルヘ・R・グティエレス
脚本:ホルヘ・R・グティエレス、ダグラス・ラングデイル
製作:ギレルモ・デル・トロ、ブラッド・ブッガー、アーロン・バーガー、カリーナ・シュルツ
製作総指揮:アーロン・ワーナー、ケイリー・グラナット、チャック・ペイル
音楽:グスターボ・サンタオラヤ
音楽監修:ジョン・フーリアン
キャスト(声の出演)
マノロ:ディエゴ・ルナ
マリア:ゾーイ・サルダナ
ホアキン:チャニング・テイタム
シバルバ:ロン・パールマン
ラ・ムエルテ:ケイト・デル・カスティーリョ

オフィシャルサイト

[あらすじ]

「パシフィック・リム」のギレルモ・デル・トロ製作のもと、闘牛士の青年が織りなす恋と冒険の物語を、メキシコ独特の生死観を背景に描いたダークファンタジーアニメ。闘牛士の家系に生まれた心優しい男の子マノロは、幼なじみのホアキンやマリアといつも一緒に過ごしていた。やがてマノロとホアキンは、美しく成長したマリアに恋をする。祝祭「死者の日」に彼らの三角関係を見つけた死者の国の支配者ラ・ムエルテとシバルバは、将来どちらがマリアと結婚するかを賭けることに。ホアキンに賭けたシバルバは強大なパワーを持つメダルを彼に渡してマリアを惹きつけ、毒蛇を使ってマノロを死者の国へと誘う。その頃、町が盗賊団に襲撃され、マリアの身に危険が迫っていた。声優には「マジック・マイク」のチャニング・テイタム、「エリジウム」のディエゴ・ルナ、「アバター」のゾーイ・サルダナら豪華メンバーが集結。(以上、映画.comより)

Continue Reading
1 3 4 5