『グッドナイト・マミー』感想とちょっとした解説

グッドナイト・マミー

感想・レビュー(ネタバレあり!)

原題:Ich seh, ich seh
2014/オーストリア 上映時間99分

スタッフ
監督:ベロニカ・フランツセベリン・フィアラ
製作:ウルリッヒ・ザイドル
脚本:ベロニカ・フランツセベリン・フィアラ

キャスト

スザンネ・ベスト
エリアス・シュワルツ
ルーカス・シュワルツ
ハンス・エッシャー

[あらすじ]
美容整形により人格まで豹変した母親の正体を疑う双子の少年が引き起こす惨劇を描いたオーストリア製サイコスリラー。2014年のシッチェス・カタロニア国際映画祭ほか、世界各地の映画祭で話題となり、米アカデミー外国語映画賞にエントリーするオーストリア代表作品にも選出された。森と畑に囲まれた田舎の一軒家で母親の帰りを待つ9歳の双子の兄弟。ところが、帰ってきた母親は顔の整形手術を受けており、頭部が包帯でぐるぐる巻きになっていた。さらに性格まで別人のように冷たくなってしまい、兄弟は本当に自分たちの母親なのか疑いを抱くように。そして正体を暴くべく彼女を試しはじめるが、その行為は次第にエスカレートしていく。(以上、映画.comより)

Continue Reading
1 3 4 5